So-net無料ブログ作成
検索選択

今度は3Gとsim [別館]

WIFIの計測装置を作ってみたはいいけれど、使いたい場所にLAN環境がない。
というわけで3Gモジュールを購入


3GIM V2.1【GPS専用フレキアンテナ付】は、世界最小サイズの3G通信モジュールで、Assisted GPS機能を持つGNSS(GPS&GLONASS)によって短時間で位置情報を取得でき、誰もが簡単に3G通信できる製品です。IoTデバイス&ゲートウェイとして、誰もが短時間で簡単にArduino上のセンサデータを扱うことができ、インターネット連携することが可能となります。自動車や動物・人などの移動体の追跡システムで利用でき、その他農業用モニタリングや太陽光発電量モニタリング、子どもの見守りシステム、防災監視モニタリングや会議室環境モニタリングなどでも利用できます。(3G通信ご利用のマイクロSIMカードが必要です。iijmio,soracom,sonet,dtiなどがご利用頂けます)




これにSORACOMのsimを入れてArduino UNOを接続して計測データをネットに飛ばす。
こんなの自前で買っちゃうくらいだからやはりかなり躁が入っている。






とりあえず接続してみてsmsのサンプルスケッチを走らせると・・・携帯にsmsが送られてきてかなり感動・・・・と思きや、他のサンプルスケッチを試すが動作していない。
3回ほどコマンド入力に成功してから後、さっぱりだめだった。

この時は
3gim arduino uno
1 D6またはD7(スケッチ内容により指定)
2 D5
3 D4
4 3.3V(ARDUINO)
5 5V(ARDUINO)
6 GND(ARDUINO)

メーカーに問い合わせると3gimは外部電源にリチウム電池かなにかで3.7Vにしてほしいとの事で
これも以前躁の時に購入したLipo電池を接続し、コマンドを受け付けるようになった。
これは3gimの5と6に接続。
4はそのままでないと3gimの電源LEDが消えてしまった。

これであっさりコマンドを受け入れてくれるようになった。

しかしまだ終わらなかった。
電池ではまだ足りなかった。

話は続くがいったん切る。

ARDUINO UNO と3gimとの接続は自己責任でお願いします。
上記の接続は自分がやってみて自分のものは上記のように動作したという結果です。

というかうまくいっていない話です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。