So-net無料ブログ作成

3gimとarduino その13 [別館]

3GIMとArduinoを組み合わせた警報装置を改造した。

16桁2行の液晶表示装置を利用してSMSの送り先を変更できるようにもした。
温度センサーはi2c仕様のADT74を使用していたが、どうしてもプロープ形状と、本体固定形状切替ににしたかったのでDS18B20に変更した。
何故か電源ON時に警報を発報してしまうので確認すると、電源ON時に測定温度が摂氏85度を表示していた。
ADT74ではおこらなかった現象だ。
最初のデータを読み捨てる事で対応した。
センサー自体はADT74は秋月で500円だがDS18B20は中国手配だと300円を切っている。ただし入荷に二週間ばかりかかるが。
特に他にはトラブルもなくスケッチの変更ができた。
最近はタカチのケースに組み込むのでケースにボタンや液晶表示装置の穴加工をしなければならない。
結構手間がかかる上、組んでから寸足らずのトラブルも多い。結構造作をするのはエネルギーを使用する。
基板からスイッチの線やセンサー、液晶の線を引っ張り出すのはしんどい。
殆ど同じ基板の使い方なので、プリント基板のオーダーもいずれはしたい。
目が弱くなってきたしアル中のせいでジャンパー線の半田付けがしんどい。
基本成り行き任せの配線で、最終的に寸足らずで血の気の引くことも多い。
今回両面のユニバーサル基板を使ったがはんだブリッジがやりにくいのなんのって。
基板をオーダーするには基板CADを使えないといけない。
TWE-LITEの課題もあるし、乾電池駆動の課題もある。資格試験もあるしすこししんどい。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。